2013年7月31日 (水)

大和冷機工業の食器洗浄機は冷蔵庫と並んで人気あり。

大和冷機工業は、冷凍冷蔵設備だけではありません。

食器洗浄機も評判がいいんです。

大和冷機工業の食器洗浄機は、今までの食器洗浄機と比べて大きく変わっているところがあります。

食器を洗浄するうえで欠かせない「すすぎ」に使用する水量を大幅に削減することができる散水ヘッドを搭載しています。

そのため、すすぎに使用する水量は2L以下となっており、業界でも評判になっています。

さらに、設定温度の変更などもワンタッチでできる簡単設計になっており、

一度にたくさんの食器を洗浄できるほか、お皿のウォーマーとしても活躍します。

また、お皿を出し入れする開口部を広くとっているので、おぼんや、大皿なども洗浄することが可能です。

大和冷機工業の食器洗浄機を使用することで、手洗いと比べても、大幅な時間短縮・節水などの節約効果を発揮します。

 

2013年6月28日 (金)

大和冷機工業の冷蔵・冷凍設備は、環境にやさしいと評判です。

大和冷機工業での評判といえば、ノンフロンのシクロペンタンとインバータ制御を採用した環境にやさしい冷蔵・冷凍設備を製造しているということです。

さらに、大和冷機では従来の冷蔵・冷凍庫の機能をそのままに、場所を選ばずに設置できるよう豊富なバリエーションを用意していることが評判です。

中でもすごいのが、必要な面積は従来の半分に抑え、容量をそのままの大容量を維持することができているスライドドアタイプの冷蔵庫です。

従来のドアを開くタイプの冷蔵庫では、ドア分余計に面積が必要でしたが、この大和冷機のスライドドアタイプなら、冷蔵庫本体分のスペースさえあれば利用することができますので、今まで大型の冷蔵庫の設置をあきらめていた厨房などにも設置できるようになります。

スライドドアタイプの冷蔵庫ではありますが、大和冷機工業で評判のシステム、インバータ制御も加えられているので、消費電力はほかの大和冷機工業の製品とは違いはほとんどありません。

また、大和冷機工業では、規格外寸法に対してもオーダーメイドにて対応してくれます。

さらには、点検、メンテナンスが容易にできるフロントパネルがスイングアップするので、コンデンサーのエアフィルターなどの清掃も楽ちんです。

2013年5月30日 (木)

大和冷機の評判のシステム

大和冷機では、アフターメンテナンスが評判です。

業務用冷蔵庫の利用で一番問題になってくるのが、時間が経つことによって徐々にたまってくるほこり汚れや油汚れ等です。

油は使っていると気化して色々な所にこびりついてしまいます。

油を吸ったほこりは、取りづらく、清掃も大変になります。

大和冷機では、そんな問題を解消するべく、定期的に点検を行っています。

冷蔵・冷凍庫の心臓ともいえる冷却器・凝縮機などの冷却部の構造部分の点検を定期的にしてくれます。

その定期点検時に、コンデンサーの洗浄なども行ってくれるので、故障を未然に防ぐだけでなく、消費電力量の低下にもつながります。

大和冷機は、評判通りにしっかりと定期点検に来てくれるので、選んで良かったと思います。

2013年4月30日 (火)

大和冷機の評判のエコ蔵くん。展示施設でしっかりと実物を確認できます。

大和冷機の製品は、実際に目で見て触ってみて選ぶことができるように、展示スペースがあります。


大和冷機の評判の新製品や売れ筋商品などを一手に展示しているので、色々な製品を比べてみることができます。


大和冷機で評判の高い冷蔵機器は、エコ蔵くんです。


この製品は、置くスペースを考慮した色々な形で作られています。


容量や置く場所を色々な厨房に合ったものを探せると思います。


大和冷機の製品は、消費電力等省エネルギー化に努めています。


冷蔵設備では、インバータ制御やDCファンモータ、新構造の高断熱ボックスを採用したことにより、最大約74%の省エネ率を達成しました。


また、高断熱効果により運転率を低減させることで、高い静音性と排熱の少ない快適な使用環境を実現しました。


2013年3月28日 (木)

大和冷機工業で評判の省エネ技術。

大和冷機工業の冷蔵・冷凍設備には、評判の多くの技術が採用されています。

大和冷機工業の冷凍設備には、庫内の冷熱を庫外板金への伝導を遮断し、庫内への熱侵入を防止する構造をもつ、高断熱構造ボックスを採用しています。

また、圧縮機・庫内ファン・凝縮ファンを高精度にインバータ制御しているため、従来型より消費電力を大幅に抑える事ができます。

また、凝縮ファンモータ・圧縮機のDC化や凝縮機の熱交換率アップさせることで、運転率を低減、冷凍冷蔵庫の1コンデンサー化等を行うことで、排熱量が減少し、周囲温度上昇を抑ええます。

2013年2月28日 (木)

多品種少量生産で評判の大和冷機工業

大和冷機工業では、色々な厨房機器やショーケースなどの製造、販売をおこなっています。

大和冷機工業の取り扱い機器は、厨房用冷凍冷蔵庫・コールドテーブル・製氷機・店舗用冷凍冷蔵ショーケース・対面ショーケース・衛生管理機器などに分かれています。

大和冷機工業の特徴として、多品種少量生産という形で生産しているので、

種類豊かな製品を取り扱う事が可能となっています。

大和冷機工業で評判なのは、その多品種ゆえの品ぞろえの良さ。

色々な大きさ、形で取りそろえているので、調理スペースに合ったものを選択できます。

また、大和冷機工業の製品は、維持費としての電気代などの消費量を抑えた省エネルギー化を推進しており、従来品からは大幅に電気代などの消費エネルギーの削減に成功しております。

2013年1月29日 (火)

大和冷機工業の評判の品。

今回は、ドアタイプの食器洗浄機の紹介です。

家庭用と違い、大型の設置タイプで、ドアタイプ、ハッチタイプ、アンダーカウンタータイプの設置場所に分かれた3タイプが用意されています。

大和冷機の食器洗浄機は、従来型に比べて、すすぎ水量を大幅に抑えた新型のすすぎノズルを採用することで、すすぎに使用する水量は2L以下で済むほどの省エネ性を発揮します。

また、食器洗浄機は、食器に付着していた汚れなどから雑菌などが繁殖したりしますが、大和冷機工業の食器洗浄機は、出し入れしやすい広い開口部や、清掃が容易な庫内構造をしているので、掃除しやすく、衛生面においても高い評判を得ています。

節水などでランニングコストを削減するだけでなく、使いやすさを追求した充実な機能が付いています。

すすぎ水や洗浄水の温度変更や、ブザー音量、使用コースも選択することができるので、活躍ポイントは多岐にわたります。

2012年12月10日 (月)

大和冷機工業で噂の製品「エコ蔵くん」

大和冷機工業で噂の製品「エコ蔵くん」

前にも紹介しましたが、大和冷機工業のエコ蔵くんの噂を色々聞いたので紹介していきます。

大和冷機工業のエコ蔵くんの大きな特徴は、ランニングコストの大幅な低減です。

高い省エネの実現により、冷蔵に必要なエネルギーコストを大幅に削減する事に成功しました。

噂でささやかれていたよう得寝率は、約70%にも上るらしいですが、冷凍冷蔵庫では、約68%、冷凍庫では約51%の省エネが確認されているようです。

高断熱構造のボックスを採用しているので、庫外板金への熱伝導を遮断、庫内への熱侵入も防ぐことで冷却ロスを防ぎ、効率化を図った結果がすごいと噂になっていました。

実際にも効果を感じている人が多いようで、噂にもリアリティが高いです。

他にも、優れた静音性や、排熱の減少など、厨房でもあったらうれしい効果を持っているので、いろいろな所でも見かけるようになりました。

2012年11月19日 (月)

大和冷機工業の購入者から評判のいいアフターサポート。

大和冷機工業では、売って終わりではありません。

充実したアフターサポートサービスを行っています。


定期点検はもちろん。通常、手の回らない部分までチェックを行っています。

常にきれいにしているつもりでも汚れてしまうコンデンサーほこりの付着が多いと本来の性能を発揮する事が出来なくなってきます。

大和冷機では、定期メンテナンス時にコンデンサーの洗浄などを行う事で、故障を未然に防ぐ事が出来ます。


また、環境対策“2法”のメーカーとしても評判です。


「オゾン層破壊防止」と「地球温暖化防止」への配慮を常に求められる冷蔵機器は、同時に廃棄時の適正処理及び再資源化も重要な課題となっています。

大和冷機工業では、恒久フロンへの切り替えを国際議定書のスケジュールを前倒しして推進。消費電力の削減を開発テーマの重要な柱に位置付けています。

また、全都道府県の「第一種フロン類回収業者」への登録業者として適正回収・破壊処理のシステムを構築しています。

2012年10月22日 (月)

大和冷機工業のショールームでは、新製品のデモンストレーションも行っています。

大和冷機で生産されている噂の新製品に直に触ることのできるショールームが大和冷機の東京本店にオープンしたようです。

このショールームでは、製品のデモンストレーションを行うステージが用意されているようで、新しい食器洗い機のエコ洗くんなどを実際に動かしてみることが出来ます。

大和冷機では、トリプルインバータを搭載した新しい冷蔵庫のエコ蔵くんや、ドアタイプ食器洗浄機のエコ洗くんなど、省エネ、省スペースなどに力を入れた製品が数多くあります。

噂では、従来の業務用冷蔵庫から大和冷機の新型の冷蔵庫に変える事で、消費エネルギーを約50%、最大で76%もの省エネ率を誇ります。

年間の電気代で計算した結果でも驚きの節約効果を発揮します。

«大和冷機のプレハブ冷蔵庫の評判。サイズや温度など幅広く設定できます。

無料ブログはココログ